【WP初心者】子テーマの作り方【プラグインなしで最速】

WordPress
スポンサーリンク

プラグインを使わないベーシックな子テーマの作り方をご紹介します。
子テーマは誰でも簡単にすぐ作れるので、プラグインなど使わずささっと作っていきましょう!

①子テーマのファイルを準備する

子テーマを入れる用のファイルを作る

今回はZakraというテーマの子テーマを作っていきます。

わかりやすいように「テーマ名+child」という名前で保存しました。

この中に必要なファイルを追加していきます。
最低限必要なファイルは2つだけです。

style.css

Theme Name:子テーマの名前
Template:親テーマの名前

このソースコードですが、テーマネームとテンプレートの他にも色々書いているコードがありますが、最低限これだけ入力すればOKです。

 

functions.php

先ほどのスタイルシートだけでは子テーマに書いたCSSが反映されないので、functions.phpでCSSが反映されるようにしていきます。
このソースコードは特に気にせず、このままコピペすると使えるのでこのまま使用してください。

これで子テーマのファイルの用意ができました。
続いてこれらをワードプレスにアップロードしていきます。

 

②子テーマをアップロードする

作った子テーマをアップロードする方法はいくつかあるので3つご紹介します。
それぞれ合った方法でお試しください。

方法①ZIPファイルにしてアップロード


ファイルを右クリックから「圧縮」します。
するとzipファイルが出てくるので、これをアップロードします。

 


ワードプレスの左メニューから「外観」の「テーマ」へ。
そして上のテーマの「新規追加」へ。

 


ここへ先ほど作ったzipファイルをアップロードすればOKです。

方法②サーバーに直接アップロード

FTPソフトなどを使いサーバーへアクセスします。
サーバー内の任意のワードプレスのフォルダから、

app → public → wp-content → themes

と進み、そのthemesファイルの中に子テーマファイルを移動させます。
親テーマと子テーマが同じ階層のフォルダの中にある状態になります。

方法③ローカルでワードプレスサイトを作っている場合

local by flywheelなどを使ってローカルでワードプレスサイトを作っている場合では、ローカルで子テーマを追加させることができます。
自分のパソコン内にある任意のワードプレスのフォルダから

app → public → wp-content → themes

と進み、そのthemesファイルの中に子テーマファイルを移動させます。
親テーマと子テーマが同じ階層のフォルダの中にある状態になります。

また、初めからここに子テーマを作れば移動させる手間もいりません。

③子テーマを有効化

子テーマをアップロードすると、インストールしたテーマの中に自分が入れた子テーマが出てくるはずです。

これを「有効化」すると完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました