【生理事情】オーストラリアのタンポン・使い方【日本と違う?】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

海外ではタンポンが主流

日本ではタンポンの使用率がかなり低いと言われていますが、海外ではタンポンが日本に比べてかなり普及しています。

オーストラリアでは生理の時にタンポンを使う人が多く、タンポンの種類がかなり充実しています。
↓Colesのタンポンコーナー

 

ちなみにこの横にはナプキンのコーナーでこちらもずらっと色んな種類のナプキンが並んでいます。

一部ですが、セールをしている商品もあり、こちらとてもお買い得なお値段。

 

オーストラリアのタンポン

今回は、先ほどの写真にあったセール中のタンポンを2種類買ってきました。
パッケージが可愛いです。

上のピンクがスーパー、ブルーがレギュラーと書いてあり、スーパーの方が吸収率が高く量が多い日に向いているそうです。

 

開けると中にボックスで2つ入っており、タンポンはこんな感じでタバコみたいに並んでいます。

日本と違う!? フィンガータイプタンポンの使い方

タンポンひとつの大きさがこのくらいでかなりコンパクトです。
日本のタンポンみたいに長くないので持ち運びに便利で、私はいつもいくつかポーチに入れてあります。

 

包装を開けるとこんな感じ。

そう、タンポンを入れる時のあのプラスチックの持ち手?がないのです!

これはフィンガータイプと呼ばれるタンポンで、自分の指で直接入れるタイプです。
オーストラリアではこのフィンガータイプのタンポンがとても多いのです!

使い方としては、手を洗って清潔にし、タンポンを指でゆっくり押して中に入れていきます。
指の第一関節くらいまで入ったらOKです。

 

え、無理!と思ったひとは、日本と同じタイプの持つ部分がついているタンポンも置いてあるので安心してくださいね。
買う時はパッケージをよくみてどっちのタイプかを確認してから買うようにしましょう!

 

ただ私は値段が安いことともあり、基本的にはこちらのフィンガータイプを愛用しています。
初めは戸惑いましたが、慣れてしまえばなんてことありません。(笑)

 


 

私はもともとナプキンとタンポンを併用するタイプだったので、オーストラリアはタンポンの種類がたくさんあること、値段が安いこと、とてもありがたいです!
皆さんもオーストラリアのタンポン、挑戦してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました