【Shopify】特定のコレクションやページをnoindexにする(検索に引っかけない方法)【liquid】

Shipify
スポンサーリンク

検索されたくないコレクションやページをnoindexさせて、検索からの流動を止めることができます。
また、重要でないページはnoindexにした方がSEO的にも有利です。

コードはtheme.liquidのhead内に追加します。
他のソースコードは消したりしないようにご注意ください。

 

特定のコレクションをnoindexに

特定のコレクションのみnoindexにします。

コレクションのハンドルに「dress」含まれたものはノーインデックスされます。
例えば「ladies-dress」などが対象になります。

コレクションのハンドルの確認はこちら

 

検索ページをnoindexに

テンプレートに「search」が含まれたものがnoindexされます。
検索ページはtemplatesの「search.liquid」なので、こちらが対象になるというわけです。

 

Easy Pointsアプリを導入している場合

便利なポイントアプリ「Easy Points」アプリを導入している場合、カスタムセットアップをしてもらうときに
「ポイント付与対象外 (EasyPoints)」と「ポイント割引対象外 (EasyPoints)」というコレクションが追加されます。

 

こちらも検索されたくないのでnoindexにすることをお勧めします。

コレクションのURLに「easy-points」含まれたものをノーインデックスして、EasyPointsのコレクションに適用させています。

 

複数のページをまとめてnoindex

複数のページをnoindexさせたい場合、1個1個書くのではなくまとめて記載することもできます。
書き方としては、「or」で繋げばOKです。

結果として検索ページとコレクションURLに「dress」が入っているものがnoindexされます。

 


以上、特定のコレクション・ページをnoindexにする方法でした。
少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました