【徹底解説】オーストラリアで初めてのシェアハウス探し!【詐欺に注意を】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

オーストラリアでシェアハウスに住みたい!
でも初めてで、どうやって探せばいいのかな?

 

オーストラリアにはたくさんの留学生、ワーホリ、仕事で など色んな国から色んな人が来ています。
そのほとんどの人はシェアハウスに住み生活しています。
また、外国から来た人たちだけでなくオーストラリア人も誰かとルームシェアしたり一緒に家を借りたりするのが一般的で、日本とは違いシェアハウス文化が根付いています。

 

・これから留学に行くから住むシェアハウスを探している
・ホームステイもしくは学校の寮に住んでいるが引っ越したい

そんな人に初めてのシェアハウスの探し方をシェアします。

 

シェアハウスの良い点

  • 寮やホームステイより家賃が安い
  • 自分で場所や部屋を選べる
  • シェアハウス先で友達が作れる
  • 日本ではなかなか住めないような家に住める(大都会の真ん中、海が見える家etc)

など留学先でシェアハウスに住むと利点がたくさんあります。

 

どうやって探せばいいの?

基本的にシェアハウスはウェブでシェアメイトを募集しているのでそこで探します。
有名なサイトは

  • 日豪プレス
  • Gumtree

日豪プレスは日本のサイトなので日本語で探すことができます。また、シェアメイト募集の投稿も日本語で書いてあるものが多く日本人には使いやすいでしょう。

Gumtreeは英語のサイトなので初心者には少し難易度が上がるかもしれませんが、ただシェアウスを探すだけなら難しくないので見てみるのもいいと思います。
まずは日豪プレスで探してみて、いい所が無ければGumtreeでも探してみるのがいいでしょう。

 

入居までの流れ

シェアハウスを探す人のだいたいの流れはこんな感じです。

上記の掲示板等でシェアハウスを探す

オーナーに連絡しインスペクション(見学・下見)の予約を入れる

インスペクション

気に入れば入居

もう今は募集していなかったりすると返事が来ないことがよくあります。

電話番号が書いてあれば電話しても大丈夫だと思いますが、基本的にメールの返事が1日待ってなければ他を当たった方がいいでしょう。

基本的に数件は抑えておき、インスペクションで一番気に入ったところに決めるのがおすすめです。

すぐに返事が来て、「いつ見にくる?今からでもいいよ!」みたいなオーナーもいるので、シェアハウス探しは自分の気に入る家さえ見つけられれば、他のことはあまり時間がかかりません。

 

用語:レントとボンド? ミニマム?ノーティス?

部屋を探していると必ず出てくるこれらの言葉。
簡単に解説していきます。

  • レント・・・家賃のことです。募集のほとんどには1週間分のレントが記載されています。(例:レント$170/週)
  • ボンド・・・保証金のことです。入居するときに払い、特に問題が無ければ退去するときに帰ってくるお金のことです。デポジットと書いていることもあります。
    だいたい2週間分~1ヶ月分を提示してるところが多いのですが、あまりにボンドが高いところはおすすめできません。理由は以下の【シェハウスの注意点・トラブル】で記述します。
  • ミニマム・・・最低限住まないといけない期間(ミニマムステイ)のこと。ミニマムが1ヶ月と書いてあれば最低1ヶ月は住まないといけません。
    もしそれより先に家を出るとなると、オーナーによりますがボンドが返ってこなかったり減額されたりする場合があります。
  • ノーティス・・・退去する前に事前に伝えないと行けない最低限の期間のこと。
    例えばノーティス2週間とあれば、2週間前にはオーナーに退去することを伝える必要があります。

 

選ぶ基準やチェックしておく点

シェアハウスは、一軒家orマンション、オウンルームorシェアルーム、男女混合or同性のみ、などさまざまです。
そのほかにもジム付きプール付きなどの物件もあり、ある程度自分の中で譲れないポイントや好みなどを絞ってから探すといいでしょう。

  • 電気・水道代やWi-fiは込みか
  • 家賃は現金払いか振込みか
  • オウンキーがすぐ貰えるか
  • シャワーの時間や料理・洗濯の時間にルールなどはあるか
  • 動物アレルギーがある人はペットがいないか

などは事前にチェックしておくといいかもしれません。

 

シェアハウスの注意点・トラブル

先ほどボンドがあまりに高いところはおすすめできませんと書きましたが、詐欺被害にあった友人がいるからです。
その友人は1ヶ月分のボンドを入居時に払っており、レントも毎週払っていたのですが、ある日突然オーナーが居なくなりデポジットを受け取れなくなってしまったそうです。

そのオーナーは数件家を所有しており(借りていた?)、その家に住んでいた人全員のデポジットを持ち逃げして消えたのです。

一概にボンドの高いところは危険とは言えませんが、なるべくリスクは避けたいところですね。
また、入居前にレントやボンドを先に支払うのもトラブルの原因となることがあるので絶対にやめましょう。

 


以上初めてのシェアハウスの探し方でした。
オーストラリアで初めてシェアハウスに住むという方はぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました