【オーストラリア赤十字】ワーホリの人も支援が受けられる?【コロナ】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

オーストラリアでワーキングホリデー2年目のふじこです。
私の住むメルボルンはコロナが一時は落ち着いたものの、最近はまた増加傾向にあり再びロックダウンとなってしまいました。

今回は、前回よりも感染防止のためのルールや罰則がさらに厳しくなりました。
制限措置ステージ4の地域は他の地域(ステージ3)よりも厳しく行動が制限され、前回はなかったルールが新たにいくつか追加されました。

・夜8時〜朝5時は原則外出禁止
・買い物は1人で、家から5キロ以内の範囲で行う
・マスク着用必須 などなど

私の住む地域はよりによって制限措置ステージ4・・・。これまで以上に行動や移動可能範囲が狭くなってしまいました。
飲食店も前回同様テイクアウトのみの営業で、求人もなくワーホリで来た人達には特に厳しい状況が続いています。

 

オーストラリア赤十字(Red Cross)でワーホリの人も支援が受けられる可能性がある?


コロナはもう少し待てば収まるだろう・・・と希望を抱いたままメルボルンへ残った結果、コロナがどんどん広まり始め、仕事もなく無収入。

私は以前働いていたファームを辞めてから、レストランなどのシティ付近での仕事を探していました。
しかし、ロックダウン→人数の制限付きで営業再開→再びロックダウンとなり日本に帰るタイミングを失ってしまい、しかも仕事を見つけるのが非常に困難。

日本を離れる際に住民票も抜いてきたため、日本のコロナ特別手当て(10万円)も受けることができず、オーストラリア国内でもワーホリの人は支援や手当てが受けることができず、金銭的にもメンタル的にも辛い状況です・・・。

しかし最近、赤十字(Red Cross)で一時滞在ビザの人も支援が受けられる可能性があると知り申請してみることにしました。

 

Migration Support Programs

移民支援プログラムでオーストラリア国民ではない人が受けられるサポートです。
私たちワーホリや、留学でオーストラリアに現在滞在している一時的滞在者が対象内となるそうです。

 

申請に必要なもの

・銀行残高証明 
住所やパスポートの情報は打ち込みますが、ドキュメントとして提出するものは銀行の残高証明のみ。
残高証明はアプリからすぐ入手できます。(NAB銀行)

【1分でできる】セカンドビザの申請に残高証明GETの仕方【NAB】
オーストラリアのセカンドビザ申請の際に必要な残高証明(bank statement)。 NABの銀行口座を持っている人ならわざわざ銀行に行かなくてもアプリから簡単にGETすることができます! 私はこれでGETした残高証明をワーホリの...

 

Emergency Relief Applicationで申請

Red Crossのウェブサイトへ行き、Emergency Relief Applicationをクリックします。

すると申請するページで飛ぶリンクがあるのでそれをクリックして申請ページへ。

申請フォームで名前が住所やビザタイプなどを入力していきます。
以下のページになるのでだいたいこのように選択(参考程度にお願いします)↓

あとは残高証明のPDFなりドキュメントと添付して、サブミットすれば完了です。

 

結果:私は支援対象外でした

申請して2、3日後、Red Crossからメールが来ました。
メールの内容は、「残念ですがあなたは支援対象外になります」とのこと。
ある程度予想はしていましたが・・・案の定支援を受けることができませんでした。

理由としては「銀行アカウントに預金残高がある程度残っている人はダメ」とのことでした。

残高はどの程度少なければ支援対象になるのかは分かりませんが、私はこれまでワーホリで働いて貯めた分は全てそこに入れていました。
今すぐにお金が手に入らないとどうしようもない!という状況ではなかったことは確かなので、仕方ないですね。

しかしこのまま長く無収入の状況が続けばいよいよ本当にまずいことになるので、その状況になればまた再申請してみるのもいいかもしれません。

 

申請してみる価値はあり

「コロナの影響で仕事がなく、手持ちのお金も残り少ない・・・」という方は申請してみる価値はあると思います。
特に時間もお金も掛からないので、やるだけやってみようという気持ちで。

支援もどれくらい受けられるのかは不明ですが、少しだとしてもワーホリなど不安定な環境では助かりますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました