【オーストラリア】メルボルンのラズベリーファームでパッキングの仕事!【ファーム】

ファームジョブ
スポンサーリンク

私はカブルチャーのいちごファームで3ヶ月働いたのち、メルボルンに移動してラズベリーのパッキングの仕事を3ヶ月しました!

メルボルンのパッキングの仕事は検索してもかなり情報が少なかったので、今回ラズベリーのパッキングのファームジョブについてシェアしたいと思います。

 

仕事内容&時間

ラズベリーをただひたすらパッキングする仕事です。
パッキングといっても、ラズベリーはピッキングの段階でパックに無造作に入れられているので、
その中から状態の悪いラズベリーを弾いて重量を合わせて蓋をするような感じです。

パックの種類は3つあって、

ファースト・・・状態のいいもの(傷や色の変色がない)
セカンド・・・食べられる範囲だが、少し傷がついていたり、水っぽいもの
ジャム・・・水っぽく、触ると水が出てくるような状態のもの

この三種類に分けてパッキングしていきます。

ファーストはよくコールスやウールワースなどのスーパーで売られています。
セカンドは市場・マーケットの果物売り場などで見かけました。
ジャムは、ジャム用に使うらしいです。

初めは、どれのレベルまでファースト?これはどっち?などと戸惑いましたがすぐに慣れます。
いちごのパッキングも経験がありますが、ラズベリーのほうが遥かに簡単だと感じました。
しかしいちごの方がパッキングに時間がかかるからなのか単価は高いです。

作業風景です。
こんな感じでパッキングをしてどんどん箱に入れていきます。
箱が一定の数になるとチェッカー(正しくパッキング出来ているか確認する人)に持っていき、
だめならやり直しを食らいます。

 

仕事はだいたい朝9時か10時くらいから始まります。
フルーツの量によって開始時間が変わるので、前日の退勤時に「明日は○時だよ〜」みたいな感じで伝えられます。
仕事が終わるのもフルーツの量によって変わるので毎日違います。
シーズンの終わりかけなど量が少ない時は3、4時間で終わる時もあれば、量の多い日は夜10時までパッキングし続けた日もありました。

朝から夜までひたすらパッキングしてると気が狂いそうになりますが、歩合なので疲れたら休んでもOK。

 

働いている人たち

台湾人80% カンボジア人15% その他(香港・マレーシア・日本)5%

日本人は私だけで、仕事の指示がほぼ中国語でした。笑(私は中国語ができます)
カンボジアの人たちは団体で一緒に働きにきているらしく(出稼ぎというやつかな?)、ハイシーズンが去るとみんな一斉にいなくなりました。

日本人がいないので物珍しいのか、とっても良くしてもらいました。笑
台湾の人たちは本当にみんなフレンドリーで優しくてとっても働きやすかったです。
休み日はみんなでご飯に行ったりしました。

 

場所・シェアハウス

場所はメルボルンのシティから東へ車で1時間ほどのSevilleという場所です。
このあたりにはラズベリーや苺のファームがたくさんあります。
メルボルンシティ近郊のファームと言えばこのこの辺りと言って間違いありません。

ファームの付近は田舎でほとんど何もありませんが、車で20分ほど走ればRingwoodという街があり、そこには大きなショッピングモールやコストコがあります。
もう少し行けばBoxhillという街があり、こちらはわりと栄えた場所なので生活は便利です。

そしてこの付近のファームで働く人たちのほとんどがそのあたりのシェアハウスに住んでいるので、ファーム生活とは言ってもかなりシティっぽい雰囲気です。
メルボルンCBDまでもトラムorバスで1時間で行けます。

「ファームに行かないと行けないけど、田舎には住みたくない」って人にはぴったりだと思います。

 

稼げる?

私のいたファームは歩合制です。なのでレートによって給料も変わってきます。

私の仕事スピードは全体の真ん中か、頑張ったときはそのちょい上くらいでした(給料日に全員の成績?が出るのでそれでわかります)
それで週に5日くらい働いて500ドルを行ったり来たりというくらいでした。

ハイシーズンの時期は休みが一ヶ月かそれ以上なく、休みが欲しい日を事前に言って休みを貰うというような感じでした。

トップパッカーの人は休みをまったく取らず週7で働いて週に1,000ドルは稼いでいました。
しかしその人の仕事スピードは尋常じゃなく、1人だけ圧倒的な速さでした。

正直言うと、このあたりのファームはあまり稼げないと思います。
おそらく理由は「歩合制でレートが安い」からではないでしょうか。

もっと稼ぎたい人は、もっとフルーツがいっぱいある有名なファーム地や、安定して稼げる時給制のファームにいくことをお勧めします。

 

どうやって見つけた?

日本語の求人サイト(日豪プレスやチアーズなど)では正直パッキングの仕事を見つけるのは大変だと思います。というかパッキングの求人はほぼないと思います。

私はファームに行く前に、パッキングの仕事がしたく結構な時間をかけてネットで探しました。
しかし、募集はピッキングの仕事のみで、仕方なく私も初めはいちごのピッキングから始めました。

【ワーホリ】カブルチャーいちごファームはやめておけ【実体験】
オーストラリアでファームジョブをしてみたい!セカンドビザが欲しい!そんな方!まずファームの仕事を探してみると、一番多く出てくるであろうこの”カブルチャー”ネットで検索するとよくない噂ばかりだけど、実際はどうなのか?3ヶ月ちょ...

 

私は中国語の求人サイト(オーストラリア在住の台湾人向けのサイト)で見つけました。
使ったサイトはこちら(メルボルンの仕事募集の中国語のサイトへ飛びます)

こちらのサイトでは普通にラズベリーのパッキングで募集しており、担当者に連絡してすぐに仕事を開始することができました。

ちなみに中国語の求人サイトでは、日本語では見つけられなかったパッキングの仕事や時給制の仕事をよく見かけます。
もしかしたら韓国語のサイトでもあるかもしれません。

日本人はなぜかオーストラリアでのコミュニティが弱いのか、かなり情報が少ないのです・・・。

中国語ができる友達がいれば協力してもらうのが一番良いでしょう。
「台湾人の友達がいるけどそんなに親しくない・・・」とかならお金を渡して手伝ってもらうのもありだと思います。

それ以外の方は、「中国語なんてわからない!」と思うかもしれませんが、中国語が出来ない方でも漢字なので文体でなんとなくわからないこともないと思います。
どうしてもパッキングの仕事がしたい!という人は、翻訳機などを使ってみたりしてぜひ探してみてください。日本語のサイトよりは見つけられるはずです。

だいたい電話番号かLINEのIDが書いてるのであとはそこに英語でメッセージを送ればOKです!

ラズベリーは 红梅
いちごは 草莓
パッキングは 包装

です!!

 

セカンドビザは取れる?

取れます!
そこで働いている台湾人の子達はみんなセカンドビザ目的で、私も問題なくセカンドビザを取得できました。
しかしファームでも場所によってセカンドビザがもらえない場所もあるので、これからファームに行く方は事前に確認してから行くようにしてくださいね。

 


正直、「稼げる!」とは言えませんが

  • ファームなのにシティから近くて生活が快適
  • パッキングの仕事は室内なので日焼けしない
  • 台湾の子達はめちゃくちゃ優しい

など、利点もあったのでこれはこれでよかったかな?と思います。
少しでも参考なれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました