【WP】このサイトで重大なエラーが発生しました。のエラー解説方法【PHPメモリ不足】

WordPress
スポンサーリンク

なぜかたまに出る「このサイトで重大なエラーが発生しました。」のエラー

PHPの記述ミスでワードプレスが真っ白になって動かなくなった経験はありますが、今回のこの重大なエラーとやらは少し変でした。
なぜなら「たまに出る」からです。しかも「更新したら直る」。

私の場合、ログインもできるしダッシュボードにも入れるし、その他に設定も普通にできますが、Elementorで新規投稿をしようとしたときなどによくこのエラーが出ました。
いちいち更新を何度も押すのも面倒だし、そもそもこのエラーの原因はなんだと思って原因を探ってみました。

 

原因を探る:デバッグモードでエラーの原因を出力

エラーの原因をデバッグモードで探し出します。
phpファイルを触る必要がありますので、FTPでサーバーと接続します。

wp-config.php

触るファイルはwp-config.phpです。
ファイルの場所はwp-admin wp-content wp-includesのフォルダが入っている階層にあります。

 

デバッグを有効にする

日本語版だと日本語で丁寧にデバッグモードをコメント書きしてくれています。
その下にある、define( ‘WP_DEBUG’, false ); のfalseの部分を true へ変更します。

デバッグモードはそのあとは必ずfalseに戻して置いてくださいね。

その後はFTPでサーバーで上書きアップ。
そしてエラーが出たページをもう一度開いて確認するとエラーの原因が出力されます。

 

PHPのメモリ不足だと判明

デバッグを有効にしてエラーを出力した場面がこんな感じです。
Allowed memory size of …と書かれてあり、メモリについて書かれていることがわかります。
ちなみにこれ以外のエラーの場合は他の原因によるものなので、以下のやり方ではない他の解決方法を探してみてくださいね。

 

ワードプレスのPHPのメモリの確認場所

ワードプレスのPHPのメモリは、「ツール」→「サイトヘルス」→右上の「情報」→「サーバー」から確認できます。

PHPメモリ上限は 128M となっていますが、256Mへ変更します。
WPのPHPメモリ上限は大体256Mで事足りることのことです。

 

PHPメモリの変更の仕方

wp-config.php

またまた先ほどのwp-config.phpファイルを編集します。

define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, ‘128M’ );
などの記述があれば、メモリ部分(128Mの部分)を変更。
なければコードを追加します。

define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, ‘256M’ );

今回はコードを追加しました。
場所は「編集が必要なのはここまでです!」と書かれている直前に貼り付けます。

これでエラーが出ないことを確認して終了です。
デバッグモードを無効にしておくことも忘れないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました