賭けでメルボルン→シドニーへの航空券買ってみた

メルボルン
スポンサーリンク

最近やっとオーストラリア国内の州境が開放!

私が住んでいるVIC州(メルボルン)は特にコロナ感染者が多く、最近までほぼロックダウン状態でしたが近頃やっと解除され、
オーストラリア国内の移動が制限なくできるようになりました!
まだ一部の地域からは移動制限がありますが・・・。

クリスマスか年末にどこか行きたいな〜と思っていた私たちですが、「またコロナの感染者が増えて州境が閉ざされたら・・・」と思うとなかなか踏み出せませんでした。

しかしせっかくの年末、しかも私は来年2月末ごろに帰国予定なので、もうオーストラリア国内旅行できないのは残念すぎる・・・!
ということで思い切ってシドニーの航空券を買いました。
しかもジェットスターの。しかも返金不可の最安プランです。

コロナのこの時代に合わせて柔軟なキャンセル規定を儲けている航空会社もあるし、ジェットスターでもキャンセル可の予約プランを選べば万が一の時でもリスクなくキャンセルできるのですが、
そのお金を払うのなら、万が一の時は「日程変更」で変更手数料を払った方がお得なんじゃないか?と思って最安のプランにしました。そうです、賭けです。

 

クラスターが怖い

少し前に南オーストラリアでクラスターが発生して、オーストラリア政府は一瞬で南オーストラリアのをロックダウンし州境を閉鎖しました。
オーストラリア政府は本当に容赦ないですから、クラスターが発生したらその地はしばらく終わりです。

ですので私が住むメルボルンでまたクラスターが発生したり、感染者がまた増え出したりしたらアウトですね・・・。

なんといってもこれで最後になるかもしれないオーストラリア国内旅行、もう飛行機もホテルも予約したので(ホテルはキャンセル手数料無料)、なんとしても行きたいところです。

 

先のことは誰にもわからない

コロナで本当にみんな大変な思いをしていますよね。
私はワーホリでせっかくオーストラリアに来ているのに街がロックダウンし、全てのレストランが閉まって仕事が全く無くなった時に本当にどうしようかと思いました。
ずっと家にばかりいて、ワーホリのこと、仕事のこと、将来のことを考えるとマイナスなことばかりが浮かんできてめちゃくちゃ焦るし、だんだん病んでくるんですよね。

「あの時に帰国しておけばよかったかも」とか「ファームに行っていけば」とか、今から考えても仕方ないことばかり考えてしまっていました。

そして時間は残酷にどんどん過ぎていくし、それで余計に焦って負の連鎖・・・。
だからこそなるべく前向きに明るく生きていこうと思いました。もう仕方ないのだから・・・(泣)

コロナ禍で今ワーホリ中の人、私と似たような境遇の人多いと思います。
特にメルボルンでは全員がコロナによる悪い影響を受けているはず。

みなさん一緒に乗り越えましょうね。
今は感染拡大防止をみんなで協力し合い、あとは本当に祈るばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました