【超初心者向け】ロリポップでアップロードしてホームページを公開する【ロリポップFTP】

WEB周り
スポンサーリンク

私がWEB制作を勉強し始めて地味につまずいたのがサーバーへのアップロードでした。

「サーバーにアップロードすればホームページを公開することができる」のはわかっていましたが、「一体どうやって」やるのか、当時かなり時間がかかりました。

使用しているサーバーによっても違いますし、さらに色んな方法があるので検索するととにかくたくさん情報が出てきてしまいます。
初心者には「一体どの方法でやれば・・・・?!」とテンパってしまいました。

今回はロリポップのサーバーを使用している人で、初めてサーバーにアップロードする人向けにやり方をシェアしたいと思います。
初心者の方にはこの方法が一番わかりやすく、理解しやすいと思います。

 

ロリポップFTPを使ってサーバーへアップロードする方法

まずはアップロードしたいファイルを準備する

基本的にホームページはHTMLとCSSで出来ていますよね。

フォルダの中身

  • index.html
  • style.css

ローカル上ではこの2つがあれば、htmlファイルを開くと表示させたいページを表示させることができます。
しかし、これはそのパソコンを使用している人のみで、他の人たちは見ることができません。
これらをサーバーにアップロードすることで、同じようにインターネットを使っている人に誰でも公開できる状態にします。

 

ロリポップにログインしてロリポップFTPを開く

まずロリポップへログインし、左のページメニューから「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」へ進みます。

 

「ロリポップ!FTP」を開くとこのようにページに変わります。

ここへ任意のファイルをアップロードすることでインターネット上に公開できるという仕組みです。
すでにいくつかのファイルがありますが、これらはすでにアップロードしてあるものです。

 

フォルダを作成

まずは「新規フォルダを作成」でファイルを入れるフォルダを作ります。
わかりやすいように自分のPCと同じファイル名にするといいと思います。
ここでは「test」という名前のフォルダを作ります。

 

フォルダ名を決めて、下の「保存する」を押します。

 

作ったフォルダにファイルをアップロード

そして次に、作ったフォルダの中に任意のhtmlファイルとcssファイルを入れていきます。
フォルダを開き、左上のアップロードを選択。

 

そして「ファイル選択する」でhtml、cssファイルをそれぞれ選んだあと、「アップロードする」をクリックします。

 

ファイルを選択した状態↓ (「アップロードする」をクリックでアップロードしてください)

 

アップロードが終わると完了

これでインターネット上でホームページで公開されました。
URLはフォルダを開いた状態の上の方で確認できます。(独自ドメインの設定している人は独自ドメインになります)

 

ロリポップFTPの欠点

以上のようにロリポップFTPは難しいこともなくシンプルで簡単です。
しかし欠点があり、それはファイルをひとつひとつしか選択できないこと。
今回のようにhtmlとcssの2つしかファイルがないような場合は問題ありませんが、ファイルがいくつもあるものはロリポップFTPを使って一つ一つ選択してやっていくのはかなり時間効率が悪いです。(ワードプレスなど)

その場合は他の方法でサーバーへアップロードする必要があります。
色んな無料ソフトがありますので、ファイルがたくさんある場合はそちらを使うのはおすすめです。
有名なのはFileZillaやサーバーダッグなど。

まず「サーバーへアップロードする」という概念を理解するため・練習のため、初心者の方はまずはロリポップFTPでアップロードするのがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました