【WP】無料在席キャスト管理システムkrc-cast-managerをZakraで使ってみた【プラグイン】

WordPress
スポンサーリンク

以前Lightningテーマでkrc-cast-managerプラグインを実装した記事を書いたのですが、Lightningのテーマはソースコードが長くごちゃごちゃしているので、違うテーマで実装したときのソースコードを記しておきます。

今回使用したテーマはZakraです。
追加するファイル、画像等は全部子テーマに入れるようにしています。

krc-cast-manager

kurubusi.netさんが無料で公開しているワードプレスのプラグインです。
https://kurubusi.net/products/free/wordpress-plug-in/krc-cast-manager/

風俗のサイト用に作られたみたいですが、それ以外にもスタッフ管理などにも使えたりと色々重宝しそうです。
ただし、プラグインをインストールすればすぐに使えるというわけではなく、ある程度自分でコードを書いたり設定したりしないといけません。
特にワードプレス初心者の方には難しいかもしれません。

 

使い方

kurubusi.netさんは別のページでこのプラグインの表示のさせ方を公開してくれています。
他にもこのkrc-cast-managerを使い、そのデモサイトやソースコードを書いてくれているサイトがいくつかあったので、そちらも参考になると思います。

 

まずは上記のkurubusi.netさんのサイトからzipファイルをダウンロード。
ファイルの名前を「krc-cast-manager-master」から「krc-cast-manager」へ変更し、ワードプレスのプラグインに追加します。

 

追加するファイル

必要なPHPファイルを自分で追加して行きます。

archive-cast.php

 

content-cast.php

  • キャストの画像はSlickスライダー使って表示させています。
  • キャストの画像を設定していない場合に表示させる画像を、子テーマ内の「imagesフォルダ」に「no.jpg」という名前で保存しておいてください。

 

content-castlist.php

新人キャストには「NEW」、
本日出勤のキャストには「本日出勤」と表示されるようにしています。

content-castschedule.php

 

content-todaycastlist.php

日にちは朝の5時に変わるようになっています。

single-cast.php

 

functions.phpに追加

 

その他

class-krc-model-casts.php 一部変更

キャスト一覧ページで、デフォルトのページヘッダータイトルは「在籍女性」ですが、
プラグインフォルダ内のclass-krc-model-casts.phpで変更できます。

 

krc-cast-managerを組み込んでできたサイト

デモサイトを作ってみました。

キャスト一覧ページ


キャスト一覧ページは「サイトURL/cast」にあります。
content-castlist.phpから引っ張ってきてarchive-cast.phpで表示させています。

 

スケジュールページ


スケジュールページは固定ページでページを作っています。
そこにショートコードで[scheduleshtml]でスケジュールを呼び出しています。

 

個別キャストページ


content-cast.phpから引っ張ってきてsingle-cast.phpで表示させています。
下のスケジュールは、functions.phpで作った関数を呼び出しています。

キャストの画像はSlickスライダー使って表示させています。

 

本日出勤キャスト表示


functions.phpで作ったショートコードを呼び出しています。
トップページなど好きなところに表示させます。

 

新人キャスト表示


functions.phpで作ったショートコードを呼び出しています。
トップページなど好きなところに表示させます。

 


 
こんな感じで無料のプラグインでキャスト管理を組み込んだサイトができます。
もしコードで間違っているところがあればすみません。(教えてください)
少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました