ジェットスターをキャンセルして特別対応用バウチャーを受け取る

メルボルン
スポンサーリンク

クラスター発生でシドニー旅行を断念

クリスマスにシドニー行きを計画していた私ですが・・・

今日、シドニーでクラスターが発生し28人が感染!

それを受けビクトリア州は、クラスターが発生したシドニーの北部海岸地域を訪問した人を対象に14日間の隔離を義務付けるとのこと。

あぁ私の恐れていたことが・・・。
改めてコロナを憎み、そして「オーストラリア政府厳しすぎるだろ」とまたイライラ。(日本が緩すぎ・・?)

22日に出発予定だったので、本当にあと4日だったのにこのせいで台無し・・・。

一応ビクトリア州は隔離の対象を「シドニーの北部海岸地域を訪問した人を対象に」と言っているのですが、この先の状況が全くわからないので変にチャレンジするのはやめて大人しく飛行機とホテルをキャンセルしました。

シドニーへ行ってから、「メルボルンに帰るときに14日隔離!」とか言われたらそれこそ最悪なので。

 

ジェットスターをキャンセル

メルボルン→シドニーへはジェットスターを予約していました。

「ジェットスターは返金対応ができない」などと不穏な噂をたくさん聞いていたのでかなり不安でしたが、値段がダントツで安かったので賭けで買ってみたのです。

「最悪行けなくなったら手数料払って日程変更すればいっか」という感じで一番安いプランで購入しました。

そしてまさにシドニーへ行くことができなくなり、手数料を払って日にちを変更しようと思ったのですが、日程変更の隣に「払い戻し」のページがあったので進んでみると、どうやら払い戻しができるらしい。
コロナの影響で、これまではなかった「特別対応用バウチャー」を発行しているみたいです。

 

特別対応用バウチャーを受け取る

払い戻しと言っても現金での払い戻しではなく、バウチャーとしての払い戻しで、バウチャーは予約可能なジェットスターのフライトのご予約に利用できるとのことです。
まぁ近々どっちみちシドニーには行く予定なので、バウチャーとして払い戻しを受けることにしました。

払い戻し処理完了後、しばらくしてメールアドレスへバウチャーが送られてきました。

チープな感じすぎてびっくしりしたのですが、(ひとつひとつ手作業で作ったみたい)ここに情報が書いてあります。

 

有効期限と利用条件

  • 有効期限・・・発行日から1年間(国・場所による?)
  • 失効日の前日までにバウチャーを利用されなかった場合、バウチャーは無効となり、以後利用することはできません。
  • バウチャーの額面金額を上限として、バウチャーに記載された有効期限内にご利用ください。
  • バウチャーは、jetstar.comまたはジェットスターのコンタクトセンターにて予約可能なすべてのジェットスターのフライトのご予約にご利用いただけます。
  • バウチャーは、お支払い合計が記載の額面に達するまで、数回に分けてご利用いただけます。
  • バウチャーはバウチャーの名義人が新規の予約の搭乗者または連絡先に登録されている場合のみご利用いただけます。

 

予約したのが一番安いプランだったので、バウチャーでの払い戻しすらできると思っていなかったのでとりあえずほっとしました。
有効期限は1年ですが、なんとか使えそうかな?という感じです。

とにかく今は早くコロナが終息することを祈るばかりです・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました