日本人彼氏への私がモヤモヤしたところ

雑談
スポンサーリンク

私は過去に何人かとお付き合いしたことがありますが、日本にいた頃はもちろん日本人の男性とだけ付き合ってきました。

そのとき日本人の元彼に対して思ったモヤモヤした感情がいくつかありました。
結局それが原因で別れたというわけではありませんが、原因の中の小さな一つではあったかもしれません。

日本人の彼氏が嫌だとかダメだとかそういうことではなく、ただ私は日本人の元彼に対して思ったことをシェアしたいと思います。

 

男の仕事、女の仕事を無意識に分けている

日本には日本特有の古い文化がありますよね。「男はこう、女はこう」という性別による固定概念です。

彼の性格は穏やかでとても優しい人でした。しかし彼は私にお弁当を作ることを要求しても彼は私に決して作ろうとはしないのです。

正直これは日本に生まれ育ったならばもはやどうしようもないことなのかもしれません。
実際に私も日本でしか生活をしたことがなかった頃、この文化や考え方に対して特に疑問もありませんでした。

例えば、「働きに出るのは男の仕事」「料理をしたり掃除をするのは女の仕事」という考え方が頭のどこかに概念としてあって、それを当たり前のように私に(さりげなくですが)要求してきました。

お互いに同じように外で仕事をしていても、家で料理・後片付けや皿洗いをするのは私。なぜならそれは彼にとって”女の仕事”だから。

そしてそれをしない女は彼の常識の中では”だめな女”なのです。

 

数年前に”サラダ女子”という言葉が軽く話題になりました。
食事会や合コンで、サラダを積極的に取り分けてみんなに配る女子のことを指します。

初めは「気配りのできる良い女」だったのが、だんだんそれが皮肉に変わり「気配りできる良い女を演出する女」という言葉に意味が変わっていきました。

その言葉ができた原因も、皮肉に変わった原因も「サラダを取り分ける女がいい女」と本気で思っている男がたくさんいて、女も男がそう思っていることを分かっているからです。
もちろん普通に考えれば、この行為そのものは気配りのできるいい人です。

しかし実際、「女がやる」「気配りができる」そんなことはどうでも良くて、ただサラダに一番近い人が男女問わずやればいいことなのです。
男女が同じ空間にる状況で、サラダが目の前にあった場合それを取り分ける男性はどれだけいるでしょうか?

 

「結婚したらパートでもやってくれたらいいよ」


きっと彼は「女の子は仕事をやりたくないだろうから結婚したら辞めてもいいよ。それで気楽にパートでもやってくれたらいいよ」という意味で言ったのでしょうが、私はあまり嬉しくありませんでした。
この言葉を嬉しいと受け取る女性もいることはわかります。
実際私も20歳前後とかの若い頃は、漠然と「結婚したら仕事したくな〜い」とか思っていた時期もありました。
私の子供の頃、母親が専業主婦で家にいたからかもしれません。

”子供ができたら仕事を辞めて専業主婦になる”或いは”パートだけをする”というのはこちら側にもデメリットやリスクもあります。
今の仕事を辞め、またいつか社会復帰することになった場合、再就職は決して簡単なことではありません。

その間の職歴のブランクもできるし年齢も上がってきて採用される確率も低くなってきます。

実際に結婚して子供が生まれれば、育児休暇を取る・或いは仕事を辞めるのは私だったと思います。
しかしそれをごく当たり前に要求してくることが不平等な気がしてなりません。
そしてこの言葉の中には当たり前のように「家事はお願いね」の意味も含まれています。
子供の世話は”女の仕事”、”子育てのため仕事を辞めるのも女”。

それを疑うことなく当たり前だと思っているところが少し嫌だったのです。

 

海外旅行では全て私任せ

これは言っても仕方ないことですが、私の元彼、外国語がほぼ全くできませんでした。
旅行を主に計画するのは私だったの文句は絶対に言いませんが・・・。

飛行機やホテルの手配はもちろん私が進んでやりますが、現地でのタクシー、レストランの注文やホテルチェックインなど、全部英語が出来ないからと私に丸投げでした。
簡単なことを聞きに行くのも、ホテルの電話が鳴れば遠くにいても取りに行くのは全部私でした。

実際、彼は英語ができないというよりかは外国人に苦手意識を持ちすぎてました。

海外で日本人カップルを何度も見たことがありますが、旅中リードしているのは女性が多いような印象を受けます。

そう思うと女性方が見知らぬ地では強いのかもしれません。

 


今回はマイナスなことをテーマとしましたが、もちろん相手が日本人だったからこそ良かったプラスの部分もあります。
相手が外国人ももちろんいい面悪い面ありますので、それもまた書いてみたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました