【セルフ】オーストラリアのブリーチ剤【ブリーチしてみた】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

オーストラリアの美容院は高い・・・

日本でヘアカラーをしている人は必ずぶち当たるこの問題。
「海外でのヘアカラーはどうする?」の問題です。

普段毛染めをしている人は定期的に染めないとプリンになってしまいますからね・・・。

カットだけならオーストラリアの美容院でもそこまで高くなく、私も海外でヘアカットしていますがヘアカラーは未経験です。
ヘアカラーを美容院でするとかなーり高くなってしまう・・・。というか今はコロナの影響でほとんどの美容院は営業していません。

ということで、人生初・セルフでブリーチ&ヘアカラーをすることにしました!

 

セルフでブリーチしてみた

まずセルフでブリーチ&ヘアカラーするにはブリーチ剤を手に入れないといけません。

 

オーストラリアにもヘアカラー剤はいっぱい

オーストラリアにも日本と同様、たくさんの種類のヘアカラー剤があります!
しかし、日本のような泡タイプのヘアカラーはなく、売っているのは普通の液タイプです。

アジアの商品を取り扱っているところには日本の泡カラーも普通に置いてます。
インポート品になるので日本で買うよりかなり高いですが・・・。

スーパーや薬局ならどこでも売ってます。
ヘアカラーがズラーっと並んでいますが、ブリーチ剤はこちら。
このシリーズが一番有名なブリーチ剤らしいです。

デザインがどれも似ていて、パッと見でどれがブリーチか分からないのでよく見ないといけません。
ブリーチですがbleachとは書いておらず、lightenerと書いています。わかりにくい・・・。

 

ブリーチ剤にもレベルがあり、数値が高いものが強いものらしいです。
私はL1+の8レベルを購入しました。

 

ブリーチ開始!

ブリーチ剤の中身はこんな感じ。
日本のものと変わりませんね。

私は髪が長いので2箱使って脱色していきます。

説明書通りに液体とパウダーを曲げてブリーチ剤を作り・・・

さっそく塗っていきます。

すごい色です!これが普通なのかな?

日本の美容院でブリーチした時はいつも頭皮が痛くなって、待っている間がとても苦痛だったので、海外のブリーチということもありちょっとびびってました。

しかし意外にもほぼ痛くない!

一番初めに塗り始めた頭皮がスースーする感じでしたが全然我慢できる範囲内です。
もう一段間上のレベルの物だと痛いのかな?(痛いのにビビってこのレベルにしました。)

30分後・・・

 

完成

根元がプリンなので根元から塗り始めたのですが、根元だけすごく明るくなってしまいました。
全部均一にできたら良かったのですが、どうしても時間差?なのか、根元の方が温度が高いから染まりやすいからなのか・・・。

でもこれから泡カラーで色をのせるし別にいいかな?って感じです。
これで綺麗に色が入ってくれれば嬉しいな〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました