【EasyPoints】ShopifyのポイントアプリEasyPointsの使い方【画像付き解説】

Shipify
スポンサーリンク

EasyPoints

日本のストア向けに作られたShopifyのポイントアプリです。
海外初のShopifyではほとんどのアプリが英語で、機能も欧米仕様なものがほとんどです。
しかしEasyPointsは日本の会社が開発したアプリで完全日本仕様の使い勝手のいいアプリです。

EasyPoints| Shopify アプリストア
日本で最も人気のあるポイントプログラムに基づいた報酬プログラムです。

比較的最近のアプリらしく、レビュー数も少ないですがはっきり言ってかなりおすすめです。
まだアプリのバージョンアップが進んでいるらしく、今後はさらに新しい機能が追加されていくようです。

 

料金

EasyPointsの料金表はこちらです。

日本の会社ということもあって(?)、一番安いベーシックプランでも$50〜と他のポイントアプリより料金が高めです。
注意すべきこととしては、EasyPointsには無料期間(トライアル期間)がありません。
Shopifyの有料アプリの多くは、インストール後にアプリの使用感を試すことができる無料期間が設けられています。
しかしEasyPointsはインストールするとすぐお金がかかってしまいますので、購入前に使用感を試すことができないのが少し惜しいところではあります。

 

EasyPointsでできること

続いて、EasyPointsで使える機能についてです。
まずは一番下のプランであるベーシックプランでできることはこのようなかんじです。

ベーシックプラン(月額$50)でできること

  • クーポンに変更する必要なく1ポイント=100円として使える
  • ポイントに期限期限を設けられる
  • ポイントアップキャンペーンを作成できる
  • 顧客へポイント手動付与

 

さらにお金を出してワンランク上のプロプラン($180)〜、あるいはベーシックプランに別途追加料金を払うことで使用できるプレミアム機能でできることはこんな感じです。

EasyPointsのプレミアム機能でできること

  • 会員ランクシステム・・・顧客を分けて上ランクの顧客へポイントアップなどを設けられる
  • アクション特典・・・メルマガの登録や新規アカウント作成などポイントを自動付与
  • ボーナスコレクション・・・特定のコレクションに属するアイテムに対してボーナスポイントを提供
  • CSVファイル機能・・・ポイントデータのインポートや顧客のポイント情報のエキスポートを可能にする

「ベーシックプランだけど、この機能だけプラスで使いたい」場合には、その機能のプレミアム機能料金だけをプラスで払うことで使用可能です。(例:アクション特典は月+$20)

 

メリット・デメリット

どんなものにもメリット・デメリットがありますが、EasyPointsについては以下のようなメリット・デメリットがあります。

○メリット

  • クーポンに変更する必要なく1ポイント=100円として使える
  • 日本の会社なので日本語で丁寧なサポートが受けられる
  • インストール後に必要なコードの埋め込みを無料でしてもらえる

アプリについてメールで何度かお問い合わせさせていただきましたが、日本人の方日本語で返事をくれるのでとっても助かりました。しかも返事も早いです。
外国のアプリだと時差の関係もあり、お昼に送ったメールが夜中に返ってきたりするのでその点に関してもすごく良かったです。

△デメリット

  • アプリの無料期間(トライアル期間)がない
  • 月額が$50~と高め
  • 対応しているストア通貨がJPY、SGD、EURのみ(日本のストアなら関係なし)

上にも書きましたがアプリの無料期間がないのは少し不安ですね。
インストール前に、念のため現在使っているテーマや他のアプリとの相性の問題がないか調べる必要があります。

ストア通貨についてですが、こちらは日本向けのストアでストア通貨をJPY(日本円)にしているなら関係ありません。
もしメインが別の国で、別の国の通貨をストア通貨にしている場合はこのアプリは使用できません。

ストア通貨とは – 管理画面の通貨とあなたのレポートの通貨。 たとえば、商品の価格を設定する際に使用する通貨です。 支払いは現地通貨でのみ可能ですが、ストア通貨は、ストア設定の通貨セレクターにリストされているものならどれでも可能です。

 

注意点

他のアプリにはない魅了が多いEasyPointsですが、使用した上で感じた注意点がいくつかありました。
特にこれから購入を考えている方は知っておいた方がいいかもしれません。

  • 顧客はポイントとディスカウントクーポンの併用はできない
  • 相性の悪いアプリがあるので事前に確認が必要
  • カスタムセットアップは1週間ほどかかるので余裕を持って行う
  • ポイントは買い物カゴで使用する必要があるため、「すぐに購入」ボタンからはポイントが使えない

顧客はポイントとディスカウントクーポンの併用はできない

特に注意すべき点として、「ポイントとディスカウントクーポンの併用はできない」ということです。
ポイントアプリの仕組みとして、溜まったポイントは1ポイント=1円として利用できますが、実質このアプリがポイントをディスカウントクーポンに変換してくれています。

例えば顧客が500ポイントを使用する場合、ポイント利用時に500ポイントのディスカウントコードが自動的に発行されます。そしてそれを利用して500円が割引になるという仕組みです。

Shopifyは決済時に使えるディスカウントコードは1つのみですので、ポイントを利用する場合はディスカウントクーポンを使うことはができません。

「ポイントとクーポンの併用はできません」ならECサイトでよく見るので問題ないとは思いますが、
一番厄介なのが、「会員の方はいつでも10%オフ」などの仕組みを取り入れているストアです。
会員の方は10%オフで買い物ができますが、同時にポイントが使えないので「せっかくポイントを貯めても使えない」ということになります。

相性の悪いアプリ

EasyPointsと一緒に使う場合、不具合が起こる可能性のあるもの、あるいは使うことが難しいプリがあります。

– Langify
– Bold Subscription
– Bold Memberships
– Nitro Live Coupon – Best Custom Product Options
– Infinity Product Options (その他)
– CustomEdit (商品価格を一括変更)

上記以外のアプリでも、「クーポンを作成・適用するアプリ」をご利用される場合は、当アプリの一部機能が正常に作動しなくなる可能性がございます。(EasyPoinsのサイトより)

公式のサイトからも確認できます。

Security check

 

使い方

インストール・セットアップ

EasyPointsはほとんどインストールするだけで使うことができるシンプルで簡単なアプリです。
インストールする時に「ポイント機能をどのようにストアに表示させるか」を選ぶ必要があります。
カスタムセットアップ or ウィジェット の2種類ありますが、違いとしてはこんな感じです。

アプリ自体もカスタムセットアップをおすすめしていますが、やはりカスタムセットアップがおすすめです。自分のストアの色に合わせてセットアップしてくれます。

セットアップに1週間ほどかかりますが、EasyPointsの会社が無料でやってくれるのでお任せしましょう。
ちなみにこのアプリはShopify上だけで完結でなく、メールでやり取りして行う場面があります。
セットアップ時の連絡などはメールで行いました。

カスタムセットアップの流れは公式サイトをご覧ください。↓

Security check

 

設定

アプリのインストール後のダッシュボードはこんな感じです。
「設定」ボタンから設定ページへ移動します。

こちらの設定ページでポイントの設定や、キャンペーンの設定を行うことができます。
まずは「ショップ設定」からです。
こちらは特に触る部分はないと思います。

ポイントの設定

続いてポイントについての設定を行います。
こちらはストアによって設定する必要があります。

「ポイントの還元率」

  • ポイントの還元率 例)100円=1ポイント
  • 発送してからポイントが取得されるまでの期間
  • ポイントの有効期限


「ポイント価値」

  • ”XポイントX円で使える”というポイントの価値を設定します。

 

ポイントの還元率は、顧客の最終的な支払い金額に対し設定されたポイントの還元率から獲得ポイントが計算されます。
商品を税込金額としている場合「100円=1ポイント」となりますが、税抜きで表示しているは後から追加される税で付与されるポイントが変わるので注意です。

キャンペーンの設定

続いてキャンペーンの設定です。
「ポイント5倍キャンペーン」 などはこちらから設定できます。
日時の指定も可能です。

 

利用プランの変更・CSVインポート

設定ページはここまでです。

 

ポイントの手動付与のやり方

ポイントは手動でも付与することができます。
Shopify管理画面の左メニューから「顧客管理」を選択し、ポイントを付与したい顧客を選択します。
顧客ページを開いたら、右上の「その他の操作」をクリックして「EasyPoints」を選択します。

 

ページが変わるので「ポイントを配分」を選択します。

 

付与するポイント数を入力して送信ボタンを押します。
ポイント手動付与はこれでOKです。

 

顧客がポイントを使うとき

お客様がポイントを使うときの画面はこんな感じです。
お客様は”買い物かご内”でポイントを利用します。

 

例えば「500ポイント」を使うとこのように小計から500円が引かれます。

 


 

以上、EasyPointsの基本的な使い方でした。
今回紹介した機能はベーシックプランの機能のみでしたが、プロプランやプレミアム機能でもっといろんな機能を使うことができます。
またプレミアム機能を使う時があればまたご紹介したいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました