オーストラリアの食洗機はこんな感じ【おすすめ洗剤も】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

オーストラリアでは大体どの家庭にもある食洗機

私はオーストラリアに来てから色々あり5回引っ越しを経験したのですが、その5つ全ての家にビルドイン食洗機が備わっていました。

もちろん地域や家庭にもよると思いますが、オーストラリアの友達に聞いても「オーストラリアでは食洗機は基本装備」とのことで、日本よりも食洗機が広く使われているようです。

ちなみに私の日本の実家に食洗機はありませんでした。
どんなに親に買えと言っても「食洗機なんて贅沢品だ」とか言って買わないんですよね・・・。

オーストラリアの一般的なビルドイン食洗機はこんな感じ。
だいたいどこの家庭にもこんな感じのものが取り付けられていますね。

 

使い方はシンプル

食べ残しや激しめの汚れを取り除いた食器類を入れます。
私は少し水で流してから入れるようにしています。

 

食洗機の扉に洗剤を入れる場所があるのでここへ洗剤を入れ、

 

モードを洗濯してスタートボタンを押すだけ。めっちゃ簡単。

私はいつもQuickモードで洗っています。だいたい50分くらいで終わります。
油汚れがある場合などはIntensiveで洗うことも。
Ecoは一度使ったのですが、時間がとっても長いのでそれ以降使っていません・・・。

 

おすすめの食洗機用洗剤

オーストラリアの食洗機用洗剤、めちゃくちゃ高くないですか?
普通の手で洗う洗剤は安いのに、食洗機用洗剤はやたら高いからなかなか買う気が起きませんでした。

例えばこれはよく見かけるメーカーの食洗機用洗剤ですが、32個入って32ドルです。1個1ドルですね。
他のメーカーのものや、大容量のものでもう少し安いというのもありますが、だいたい値段はこんなものです。

 

Shine

私のおすすめはShineのシリーズ。Woolworthで売っています。(Woolworthの商品?)
おすすめする理由はなんと言っても値段。

Shine Pro 18 In 1 Dishwashing Pods 20 pack(写真右)
値段は$4で、20個入っているので1個あたり$0.20です。

Shine Dishwasher Tablets 10-in-1 30 pack(写真左)
値段は$4.50で、20個入っているので1個あたり$0.15です。

形はそれぞれこんな感じ。Shine Proの方はPodsというタイプで、触るとぷにぷにしてます。
Shine TabletsはTabletsタイプなので固形です。

 

2タイプとも使う際にフィルムを剥がす必要はなく、そのまま食洗機にセットすればOKです。
どうやら外のフィルムは水に溶けるようです。めっちゃいいですよね。

 

使ってみて

上記の2つは使ってみて、正直特に差は感じませんでした。

Shine ProのPodsタイプの方が色々な成分が入っているので綺麗になるっぽいですね。あと見た目も可愛いです。
値段もそこまで変わらないので、好みで選んでもいいかな?と思います。

私は両方とも使っていますがどちらにも満足してます。
安いから惜しみなく使えるところも最高です。

手ではなく食洗機で洗うと、手では洗い逃すような細かいところも綺麗になるので使っていて気持ちいいですね。

また水道代や、手間も省くことができるので、食洗機に慣れると手洗いするのことがとても時間の無駄に感じられます・・・・。
ということで将来自分の家に必ず食洗機を導入することを心に決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました