中華系マレーシア人と付き合うとあるメリット

中華系マレーシア
スポンサーリンク

外国人のパートナーを持つと新しい発見や、文化の違いを感じますよね。
長く一緒にいるとやはり慣れてきますが、いまだに稀に「そうなんだ!?」と思う部分があったります。
そんな新しい発見も新鮮で、一緒に過ごすことでたくさんの良い点や幸せポイントを発見しました。
そこで今回は中華系マレーシア人と過ごして感じた良い点をメリットとして書き出してみました。

 

女性に尽くしてくれる

とにかく女性に優しい中華系マレーシア人。
カップル間では彼氏が彼女の荷物を持つのは当たり前、物を取りに行ったり聞きに行ったりするのも男性。
スニーカーの靴紐が解けたら結んでくれるのも男性です。
”面倒なこと”や”大変なこと”はカップル間ではほぼ全部彼氏がやってくれます。

日本で言う「気配りできる女性」とか少し前に話題になった「サラダ取り分け女子」みたいなのは彼らには全く必要ありません。
むしろ「女にやらせてる男はダメだ!」と捉えられているそうです。

 

やたら甘やかしてくれる

彼女の「あれが食べたい」「あれがしたい」はほとんど通用します。
物事の決定権は全部彼女にあります。(笑)
家の送り迎えは当たり前で、「じゃあここでバイバイ」ではなくちゃんと家の玄関まで送ってくれます。
誕生日や記念日などのお祝いごとも派手に祝ってくれることが多く、プレゼントも期待できます。
とにかく彼女の望む物を叶えてあげる!と言うスタンスです。

日本人の感覚からすると、ほとんどの人は「そんなにしてもらって申し訳ない」とか「自分でできるから大丈夫だよ」となりますが、そこは申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを胸に、ありがたく相手の善意を受け取りましょう。
そこで断ったり、ものすごく感謝したりすると「水臭い!」と感じるのが彼らの国民性のようです。

 

色んな言語の勉強になる


中華系マレーシア人は、マレー語・中国語だけでなく英語、台湾語、広東語も堪能な人が多いのです。
公用語が日本語一つだけの日本人にとってはとても不思議なことですが、彼らは色んな言語をミックスさせて話します。

基本的に中華系マレーシア人同士では中国語をメインで話しますが、台湾語や英語、マレー語がかなり頻繁に出てくるので外国語の勉強になります。

余談ですが、世界で最も使われている言語のNo.1が英語、No.2が中国語です。
この両方を話す中華系マレーシア人の語学力は、日本人の私からするととってもとっても羨ましいです。

 

周りの友達とも仲良くなれる

彼らは家族や友達との集まりはもちろん、結構どこにでもパートナーを連れて行くので、すぐその周りの人と仲良くなれます。
家族・親戚・友達の絆が深いので、彼らの輪の中に入ればパートナーの家族や友達と仲良くなります。

日本では”彼氏と彼氏の友達と3人で会う”という状況はあまりないと思いますが、中華系マレーシア人にとってはかなり普通だったりします。
彼らは仲間意識がとても強く、情に熱いので、仲間の仲間となれば手厚く歓迎してくれます。

 

マレーシア料理を食べられる

マレーシア料理ってどのようなものか皆さん知っていますか?
ナシゴレンやミーゴレンは最も有名と言われるマレーシア料理(インドネシア料理でもある)ですよね。

しかし中華系マレーシア人が食べる郷土料理は、また違っていてかなり中華寄りの料理です。
マレーシア料理に馴染みのない人や、あるいは中華料理が好きな人は中華系マレーシア料理、是非食べてみていただきたいです。

マレーシアンレストランに行くと、ナシゴレンなどの定番マレーシア料理から中華っぽい料理まで色々あって、どれも美味しいです。

 


以上でした!中華系マレーシア人のパートナーがいる人には共感していただける部分はありましたか?
「わかるー!」「あるある!」と思っていただけたら嬉しいです。

それでは!👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました