【性格】中華系マレーシア人の特徴【あるある】

中華系マレーシア
スポンサーリンク

中華系マレーシア人って?

中華系マレーシア人はマレーシアに住む中華系の人たちのことを指します。マレーシア華人とも呼ばれますね。
マレーシアは多民族国で、ひとつの国に主にマレー系、インド系、中華系の人たちが一緒に生活しています。
ですので文化はもちろん、言語も混ざり合って共存しており、それがマレーシアという国を作っています。

昔中国から中国人たちがマレーシアにやってきて生活を始め、その子孫が中華系マレーシアと呼ばれるようになったそうです。

ちなみに私のパートナーは中国系マレーシア人ですが、おじいさんは中国人とのことです。
彼のおじいさんたちの世代の人がマレーシアに来て、その祖先である彼は中華系マレーシア人ということですね。
ちなみに彼はもちろん中国語を話しますが、中国には行ったこともないそうです。

 

中華系マレーシア人の特徴

私が中華系マレーシア人と過ごしていて感じた彼らの特徴や性格をシェアしてみたいと思います。

 

色んな言語をMIXして話す


彼らは主に中国語を第一言語として話し、それだけでなく色んな言葉を話すことができます。
例えば中国語のほかに、台湾語・マレー語・英語・広東語など。

なので、会話では中国語だけでなく他の言語をMIXして話ます。
一つの文章の中に、中国語・英語・マレー語が混ざっていることが普通にあります。
初めは聞きなれませんでしたが、これがマレーシア式だそうです。

 

マレーシア人なのにマレー語が話せない!?

彼はマレーシア人ですが、マレーシアの母国語であるマレー語が得意ではありません。
話せることは話せるそうですが、難しい話になると理解できないそうです。
「だって俺はマレー人じゃないし」とのこと。

日本人の私たちからすれば「日本人なのに日本語が得意じゃない」といえばそんな変な話はありませんが、彼たちにとってはごく普通のことみたいです。

また、中華系マレーシア人でもマレー系の学校に通っていた人ならマレー語はペラペラだそうです。(彼は中華系の学校出身)

 

女性にものすごく優しい

中華系マレーシア人に限らず、中華圏の国の人たちは女性に優しい人が多いと思います。
とにかく「彼女に尽くす」のが彼らみたいです。

  • 彼女のカバンを持つのは当たり前
  • 家事をするのは男
  • 彼女には絶対お金を出させない
  • 買い物にいくと自分のものでもないのに買ってくれる
  • 料理を取り分けたりするのは男
  • とにかく甘やかしてくれる

日本人の男性とかなり違いがありますよね。
中華系マレーシアの男性は、「彼女に尽くしてこそ男」みたいな感覚があります。
女側のこちらとしては本当にありがたいです。

 

身内の絆が強い

家族はもちろん、友達の絆がとても深く、「友達の友達は友達」「友達の彼女も友達」。
親戚や友達と集まるときに自分の友達や彼女も普通に連れて行きます。
なぜなら身内の友達は自分の友達だからです。

知らない人との集まりは遠慮しがちな日本人とは違った感覚ですよね。
身内をとても大切にするのは彼らのすばらしい文化のひとつですね。

 

割り勘はしない

彼らは割り勘を嫌います。
カップルの間では男が払うのが当たり前、友達の間ではどちらかが払う のが一般的です。
例えば「前回は払ってもらったから今回は自分が出す」など。
今回のほうが会計が高いなど、細かいことは気にしません。

日本人は割り勘が一般的だよ と伝えると「友達なのに?」と引いてました。
たしかにいちいち会計のたびにお金を計算して・・・みたいなのは彼らからしたら変なのかもしれませんね。

 

「ありがとう」を嫌がる

なにかしてもらったときにお礼を言うと「いちいち言わないで」と言われます。
お礼を言う相手=あまり親しくない相手 と捕らえられるそうです。
彼らは親しい相手ほど「ありがとう」を言いません。

仲の良い友達同士なのにお礼を言うのは「水臭いし、お互いに距離がある」と感じるそうです。
お礼を言う相手は、初対面との人や、店員さんにです。これはマナーとしてですね。

 

商売人が多い


「会社に勤めて給料をもらう」より「自分で商売・起業して稼ぐ」人が多い野心のある中華系マレーシア人。
マレーシアの富裕層のほとんどは中華系とのことです。

中国人も商売上手ですが、そこから来ているのでしょうか?
とにかく彼らはお金を儲ける手段を考えることにとても長けています。
また、国内だけでなく海外で出て仕事をする人も多いそうです。

 

外食が大好き

家で食べるより外食するのは大好きな彼ら。
しかもかなりの量をオーダーします。
マレーシアでは外食が非常に安く外で食べるのが一般的で、彼らいわく「家で自炊するより安いし手軽」だそうです。

日本では毎日外食なんてすると食費がとんでもないことになりますし、「外食する」というハードル自体が高いような気がします。

 

知っている日本語は「やめて」「気持ちいい」

変な話ですが、私がこれを初めて知ったときは驚きました。
マレーシアでは日本のAVがすっごく有名なんです。もっと言えば、マレーシアだけでなく台湾や中国、韓国でもものすごく有名なんです。アジア圏すべてといってもいいでしょう。

そして、AVに出ている彼女だちが映像の中で言っている言葉を覚えるそうです。
AV女優さんもすごく有名で特に有名な女優さんの名前は男なら誰でも知っているそうです。

 

和風のタトゥーが大好き

なぜか日本風のいかついタトゥー(刺青?)が彼らにとても人気があります。
まさにヤクザ映画に出てきそうな迫力のあるものです。般若とか鬼とか鯉とか。
それも男性だけでなく、女性もなんです。背中いっぱいに日本風のタトゥーを入れた女の子をみたときは「極道の女!?」と思いました。

あと日本のようにタトゥーを隠すという考えがないので、普通に腕とか手とか見えるところに普通に入ってます。
初めて見たときはぎょっとしましたが、慣れると「中華系マレーシアっぽいなぁ」とすら思います。

 

WeChatでめっちゃボイスメッセージ送りあう

スマホを口元にあてて何か喋ってる人いますよね。それが中国語なら中国人か中華系マレーシア人です。
WeChatとはLINEのようなみんなが使うメッセージアプリです。
中国のアプリなので中国でしか使われていないと思ったら中華系マレーシア人はみんなこれを使うんです。

ボイスメッセージは日本ではほとんど使ってる人いませんよね。彼らは「打つより早い」と、ほとんどみんなこれを使っています。
たまにずーっとボイスメッセージだけでやりとりしている様子を見ていると、「電話すれば?」と思いますけどね。

 


以上、中華系マレーシア人と過ごして感じた彼らの特徴です。
もし同じように中華系マレーシア人と過ごしている・過ごしたことのある人なら共感していただける部分があったのではないでしょうか?

「あるある!」や、「なるほど」と思っていただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました