中華系マレーシア人と過ごして気付いたこと・あるある6選

中華系マレーシア
スポンサーリンク

以前に中華系マレーシア人あるあるを書きました。

【性格】中華系マレーシア人の特徴【あるある】
中華系マレーシア人って? 中華系マレーシア人はマレーシアに住む中華系の人たちのことを指します。マレーシア華人とも呼ばれますね。 マレーシアは多民族国で、ひとつの国に主にマレー系、インド系、中華系の人た...

今回はそれに続いて、「中華系マレーシア人と過ごして気付いたこと」を書いてみたいと思います。

私の周りにいる中華系マレーシア人を元に書いていますので、偏っていたらすみません。
軽く「そうなんだ〜」と見流してくださいね。

 

汚いスラング大連発

世界的に見て、「日本語は悪口がない」とよく聞きますますが本当にそうだと思います。
私は英語・韓国語・中国語は最低限レベルは話せますが、どの言語も言ってはいけないNGワードが存在します。それ以外の言語にもほとんど存在するみたいですね。

しかし日本語はそれがないんです。「バカ」とか「しね」とかそんなレベルじゃなくてもっと悪くて汚い言葉です。

中華系マレーシア人は主に中国語を話しますが、マレーシアカスタマイズされた汚いスラングを大連発します。
特に若い男の子たちは本当に挨拶のように軽く使っています。

それも、怒ったときとかというより驚いたときなど、リアクションの一部としてよく使っていますね。仲のいい友達の前などで特によく出るようです。

 

金銭感覚・文化の違い

私は日本人ですからもちろん自分の国を比較に考えてしまいますが、それは相手も同じで、
中華系マレーシア人は「日本は高い!」と思っているそうです。

物価の面で考えてもそうなのですが、「私が22歳の時に友達とドバイ旅行へ行った」とか言うとずっごく驚いていました。
「さすがに海外旅行は、マレーシアでは本当に一部の人しかいけないわ」とのこと。

物価の違いもありますが、文化の違いもあるのでしょうね。
日本でもドバイ旅行はかなり高い方ですが、私みたいなOLでも数ヶ月貯金すれば行けるレベルですから・・。

 

信仰深い

これは世界的に見て日本人の方が少数派ですが、日本人はあまり宗教に関心のないひとが多いですよね。
私もその1人で、外国人の友人などに「宗教はどこ?」とか聞かれても答えられません。

中華系マレーシア人は仏陀の信仰が多いらしく、ごく一般的な日本人とは比較にならないくらい熱心です。
仏陀の置き物を部屋に置いたり、お守りを持っていたり、定期的にお祈り?に行ったりしています。

それも、子供からお年寄りまでみんなしてるみたいです。

 

女性に優しい

これは以前も書いたことありますが、本当に女性に優しいんです。
女性だからってだけで優遇してくれたり特別対応してくれることがめちゃくちゃあります。

これは中華系マレーシア人だけじゃなく中国や台湾でも結構当てはまると思いますが、女性の立場が強く、女性に負担をかけさせないスタンスのようです。

 

猫は人気ない?

これはちょっと変なんですが、「マレーシアって猫飼ってる人あんまりいないよ」とのこと。
なぜか聞くと、猫は飼うというより野良猫のイメージだそうです。

ひと昔前の日本もおそらくそうだったらしいので、これはそういう感覚なのかな〜と思いました。

私の母親は子供の頃実家で猫を飼っていたそうなのですが、猫を飼ったというより「野良猫が勝手に住み着いたから餌をあげてた」みたいな感じだったそうです。
なので、もちろん完全室内飼いとかではありませんし、特別に面倒を見ていたわけでもないそうです。

今は”猫を飼う=完全室内飼い”がほとんど当たり前で、猫は犬と同じくらいの王道のペットの座を築いていますもんね。

 

祝い事はみんなでカラオケ

友達の誕生日などは友達大勢で集まってカラオケが主流らしいです。
カラオケと言っても、日本のカラオケボックスみたいなカラオケではなく、海外のいわゆるKTVです。
海外のKTVとは「個室のクラブ」みたいな感じで、部屋の装飾はキンキラでナイトクラブっぽい感じのものが多く、必要ならお店の女の子を席に付けたりできます。
とにかくみんなでワイワイお酒を飲んで歌ったりできる場所という感じですね。

とにかく彼らは、何かの祝い事の日はそこで友達たちと集まってみんなで朝までワーワーやってます。

 


 

以上、「中華系マレーシア人と過ごして気付いたこと」でした。
あくまで私の周りにいる中華系マレーシア人から得た情報なので、情報が偏っているかもしれませんが、こうやって日本以外の文化か考え方を知れることはとても楽しく興味深いです。

もし中華系マレーシア人と付き合いがあるよって人は、その情報をシェアしてもらえたりすると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました