語学留学に行くならセブ?オーストラリア? 断然セブをおすすめします!【体験談】

セブ留学
スポンサーリンク

これから語学留学を考えている皆さん、どこへ行くのかはすごく重要な問題ですよね。
メジャー所では、フィリピン(セブ等)・オーストラリア・カナダ・ニュージランド・マルタ・イギリスなど英語圏の人気の留学先はたくさんありますが

「ありすぎて決められない!」
「どこがいいのかわからない!」

と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、セブ留学とオーストラリア留学の二カ国での留学を経験した私の意見を
メリット・デメリットと共にシェアしたいと思います。

(オーストラリアはゴールドコーストとメルボルン2都市で語学留学したのでまとめて”オーストラリア”にします。)

セブ留学が断然おすすめ

そのわけは・・・

 

 

セブ留学のメリット

マンツーマン授業

セブ留学の最大の売りはなんといってもマンツーマン授業です。
他の留学先ではほとんどないマンツーマン授業ですが、物価の安いセブだからこそ実現できるセブ留学の最大の魅力です。

マンツーマンだと先生と1:1のため必然的に英語を使わざるとえない状況になります。
何か聞きたいことや伝えたいことがあれば、英語で聞くしかありません。
そのため「これは英語でなんて言えばいいのか?」という疑問があるたびに”伝えるために”話す必要がありますよね。

私はこれまで英語を勉強しても、使う環境がなかったため自分が何を知っていて何がわかっていないのかを理解していませんでした。
マンツーマン授業は、初めは伝えたいことが言葉にできずかなり苦しい思いをしましたが、そのおかけげかなり成長できたと思います。

 

授業時間が長い

セブは通常朝8時前後に始まり夕方5-6時に終わるところがほとんどです。
日本の高校より長い授業時間ですよね。笑
他の国の留学先でここまで勉強できる環境は他にないと思います。
1日先生と英語で勉強、ルームメイトも外国人ならずっと英語漬けです。

 

価格

授業時間のわりに安い価格。
3ヵ月間でおよその費用は約55-70万です。他の国、例えばオーストラリアは最低でも安くて約80万-ですね。
私が3ヶ月セブ留学したときに実際払ったお金は50万円(授業費・寮・航空券込み)でした。あとは必要なお金は現地での生活費だけですね。

 

安全に学べる環境

フィリピンが安全?と思うかもしれませんが、セブの語学学校は寮と学校が一体化しており、1日の生活がひとつの建物の中で完結してしまいます。
自分の部屋を出て教室に向かえば1分で通学完了です。電車やバスに乗る必要がないので事故にあったり事件に巻き込まれることなく、安全に過ごすことができます。

また、寮の門前にはセキュリティーが24時間いて、学生IDがないと中に入ることが出来ません。
つまり、勉強に100%集中できる環境が整っているというわけです。

しかしもちろんいい面ばかりではありません。続いてデメリットです。

 

セブ留学のデメリット

食事

寮なので朝昼夜全ての食事が提供されます。学校の給食のようなもので、自分で選ぶことが出来ず、料理が口に合わない人もいると思います。

キッチンもないので自分で料理もできないというのが1つのデメリットではあります。
私は自分の嫌いなものが出た日はカップ麺などを食べていました。

 

外に出るとザ・フィリピン

校舎の中はキレイですが、外で出るといかにも発展途上という景色です。
道路があまり設備されておらずきれいではありません。信号が少なく、交通量が多く、いつもゴチャゴチャしていて空気もキレイではありません。
特に街の中心部へ行くと、ストリートチルドレンやスリなどありますので十分注意してください。

 

街のフィリピン人みんなが英語ができるわけではない

フィリピン人といってもみんなが先生のように英語ができるわけではありません。
タクシーの運転手、町のスーパーなどでは英語があまり通じない人もいます
まったく出来ないというわけではないので意思疎通は可能ですが、フィリピン人はみんな英語を流暢に話す!と思い込んで行くとすこしギャップを感じるでしょう。

 

 

オーストラリア留学のメリット


続いてオーストラリアのメリット・デメリットもすこしだけ一緒にシェアしたいと思います。

街全体が英語環境

フィリピンとは違い、オーストラリア人は英語を第一言語として話すので英語が通じないということはまずありません。
ネイティブを話すとオーストラリア訛りの英語がとてもかっこいいです。

 

街が美しい

先進国であるオーストラリアは街が美しく設備もすごく整っています。
ゴミがなく、トイレに紙がないとかもないです(フィリピンは基本ティッシュ持参です)

 

オーストラリア留学のデメリット

授業が短くグループ授業のみ

基本的にグループ授業のみ、授業開始は9時~終わりは3時くらいです。
金曜日は午前中だけの授業だったりと、勉強漬けという感じではありませんね。
グループ授業は他にたくさんの生徒がいるため、進んで発言できないとただ聞くだけになってりしまいます。

英語はただ聞けば上達するというわけではないので、学校では積極的に発言したり外国人の友達を作って英語を話す機会を作らなければ、英語の上達はなかなか厳しいでしょう。

 

物価が高い

これは仕方ないことですが、物価が高いです。
ワーホリで来る人なら仕事してお金を稼げるのでこれほど大変なことではありませんが、学生の方にとっては出費がかさむのはきついですよね。

日用品や消耗品は日本と比べても大差ないのですが、外食が高いです。
節約したい方はなるべく外で食べるのはやめて自炊したりして工夫するといいと思います。

 

セブをオススメする人・オートラリアをオススメする人

お互い良し悪しがあって、どっちの国が自分に合っているかは人それぞれです。
まとめとして、

・セブをおすすめする人
英語を基本からちゃんと勉強したい人・英語で話す練習がしたい人

・オーストラリアをおすすめする人
英語を勉強しながらも海外での生活も楽しみたい人

 

私は断然セブをおすすめします!
英語を本気で勉強したい人ほどセブに行って下さい。

それではよい留学生活を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました