【Bold Cuntom Pricing: Wholesale使い方】顧客タグごとに割引価格を設定する方法【Shopifyアプリ】

Shipify
スポンサーリンク

Bold Cuntom Pricing: Wholesale

Bold Custom Pricing: Wholesale| Shopify アプリストア
Wholesale Pricing, Member & VIP w/ Quantity Breaks! NEW

顧客をタグごとに分けて割引価格を設定できるアプリです。
顧客をタグごとに分けて以下のことが実現できます。(注意:一部機能は上位プランのPremiumプランです)

  • 販売価格を○%オフ、または○円オフ(ストア全体OR特定のコレクションなど)を設定
  • 商品ごとに個別の販売価格を手動で設定
  • 販売価格をCSV経由でアップロード
  • ディーラー向けに複数の販売価格を作成
  • バルク売り価格または数量値引きを価格を設定
  • 特定の商品を表示

 

また、同じくBold社の「Bold Membershipアプリ」と併用して使うことで顧客タグの自動化、「有料会員のみ20%オフ」のような仕組みを自動で作ることができます。

【Shopifyアプリ】Bold Membershipsで有料会員制度を作る【使い方画像付き解説】
Bold MembershipsBold MembershipsはShopifyストアに会員機能を付けるためのシンプルで便利なアプリです。Shopifyの基本機能に会員機能は備わっていますが、その基本機能ではできない有料の会員制度が...

 

Bold Cuntom Pricing: Wholesaleの料金

料金は39.99/月〜と他のアプリに比べると少し高めです。
14日間の無料体験があるので、まずは無料体験で色々と設定してみてストアに合うかどうかを検証してから導入しましょう。

PREMIUMプラン(59.99/月)では顧客の自動タグ付け、特定の商品や種類によってそれぞれ異なる価格を設定、バルクをCSV経由でインポートなどが可能です。

 

「Bold Cuntom Pricing: Wholesale」使い方

顧客にタグを追加する

まずこのアプリを有効にするためには顧客にタグをつける必要があります。
Premiumプランでは顧客が買ったものによって自動でタグを付けられるようですが、こちらは未確認なので今回は記述しません。

顧客へのタグ付けは、以下のどちらかの方法で行うことができます。

①Shopifyの顧客管理から手動でタグを追加する方法

②Bold Membershipなどのアプリを使って自動で顧客にタグをつける方法

今回のアプリ「Bold Cuntom Pricing: Wholesale」は 「Bold Membership」と相性がいいです。
Bold Membershipと併用して使うと、会員登録してくれた顧客に自動でタグをつけることができます。
例えば「有料会員のみ商品20%」などが実現できます。

Bold Membershipアプリの使い方はこちらをご覧ください。

【Shopifyアプリ】Bold Membershipsで有料会員制度を作る【使い方画像付き解説】
Bold MembershipsBold MembershipsはShopifyストアに会員機能を付けるためのシンプルで便利なアプリです。Shopifyの基本機能に会員機能は備わっていますが、その基本機能ではできない有料の会員制度が...

 

「一部会員のみ全商品20%オフ」の場合 設定方法

「Costomer Tags」でタグのルールを設定

「Costomer Tags」で顧客タグごとに価格設定のルールを追加します。

 

「ADD TAG」でタグのルールを新規追加します。
タグ名、ディカウント値(or ○円引きなどでも可)を設定します。

上記の場合、「Membership」というタグを持った顧客の買い物が20%オフになるというルールです。
下の方にある「Apply discount storewide」にチェックを入れるとルールはストア全体に適用されます。

 

「タグごとに異なる割引価格を設定する」の場合 設定方法

顧客タグが1つではなく、それぞれタグごとに異なる割引価格を設定する場合はそれぞれのタグの追加が必要です。
例えば、「Membership」と「VIP Membership」と2種類のランクに分けて、割引価格もそれぞれ分けたいと思います。

先ほどと同じように「Costomer Tags」で顧客タグのルールを追加します。

1つ上のランクとなる「VIP Membership」のタグを追加します。(名前はなんでもいいです)

 

「Product Pricing Groups & Quantity」でグループ設定

タグごとに異なる割引価格を設定する場合は「Product Pricing Groups & Quantity」を選択します。

 

「CREATE PRODUCT PRICING GROUP」で新規追加を押して、ルールを設定していきます。

Group Option・・・グループの名前と、割引の方法(%引きか、固定金額引きかなど)
Group Schedule・・・割引を適用する開始日時や終了日時を設定することができます。常に割引を適用させる場合は設定なしでOKです。

 

Select Products・・・対象となる商品を選択します。
Setup Pricing・・・タグごとの割引率(or割引額)を入力します。
今回は「Membership」は20%オフ、「VIP Membership」は30%としています。

 

Quantity Breaksの設定はPremiumプランのみなので今回はスルーします。
設定が終わるとSAVEで保存して完了です。

 

以上で「タグごとに異なる割引価格を設定する」の設定が完了です。
実際に決済ページでタグを持った人(会員)に割引が効いていることを確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました