オーストラリアの郵便は日本と違う【AustraliaPost】

オーストラリア留学
スポンサーリンク

オーストラリアでは再配達してくれない

先日、通販で買い物をして郵便屋さんが配達しに来てくれたのですが、朝の9時ということでまだ寝ており・・・受け取ることができませんでした。

AustraliaPostは、配達される数日前〜前日にメールで「荷物はもうすぐ着くよ」みたいに連絡してくれます。
家のポストに入るサイズのもので、受け取りのサインが必要のない荷物ならポストに入れてくれています。

しかし、ポストに入りきらない大きさのもので、配達員が来たタイミングで家にいなければ不在票がポストに入れられていたり、ドアの下に入れられていたりします。

不在票はこんな感じ。
玄関のドアの隙間に入れられていました。

もし不在票に気付かない場合でも、メールで「配達に来たけど不在だったから郵便局に持って帰ったよ」と知らせてくれるので心配いりません。
オーストラリアの、なんでもメールやSMSで知らせてくれるシステム、とっても便利です。

 

受け取りを逃したら郵便局に取りに行く

AustraliaPostは日本の郵便のように、再配達をしてくれるシステムはありません。
受け取りを逃したら郵便局へ改めて荷物を受け取りに行きます。

 

必要なもの

  • 不在票
  • ID(本人確認用)

荷物の受け取りの際に本人確認が必要なので、オーストラリアのIDを持っていない私はパスポートを持っていきました。

ちなみにAustraliaPostのサイトから郵便局で受け取りのQRコードを発行できますが、わざわざやらなくても不在票とIDを持って行けばOKです。

 

郵便局の営業時間

月曜〜金曜・・・ 9:00〜17:00
土曜・・・ 9:00〜12:00
日曜・・・ 休み

※場所によっては異なるかもしれません。

 

家不在の確率が高い場合はParcel lockersの利用もおすすめ


Parcel lockersサービスは、配達の荷物を家ではなく、郵便局が管理しているロッカーに配達してもらい、その後自分で取りに行くシステムです。
このサービスを使うと

不在でも安心

24時間いつでもOK
対人じゃないのでコロナ対策にもGood

とメリットが多くかなり便利です。

ただし、荷物到着後は2日以内、地域によっては最寄りのロッカーでも遠い場合があるので注意が必要です。

詳しい使い方などは公式ホームページに書いてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました