【希望と絶望の】”私がオーストラリアへワーホリに来るまで”と”来てから”のこと【繰り返し】

ワーホリ
スポンサーリンク

今回は少しだけ私のことを知ってもらえたらと思います。
少しでも興味がある方は読んで頂けると幸いです。

オーストラリアにワーホリに来た理由は色々ありますが、結局一番私を後押ししたのは
「30歳になったときにやっぱり行っておけばよかったと後悔だけはしたくない」ということでした。

 

それまでの経歴

 

日本での仕事

私は私は大学で中国語を勉強し、中国留学を経験後、小規模の貿易会社へ就職しました。

会社は終始ピリピリした雰囲気の会社で私語は一切なし。オフィス全体は「葬式か?」ってくらいの静けさで、毎日息が詰まりそうでした。
同期はおらず、私が一番下っ端だったことで(新しい社員が来ても歳は私が一番下でした)
雑用は全部私の仕事、さらに自分自身の仕事が増えた時などは胃が痛くて夜も眠れないほどでした。

「新卒で入った会社は簡単に辞めてはいけない!」という誰が言ったのかわからない言葉を守り、私はとりあえず3年弱は勤め、その後退職しました。
今思うと好きでもない仕事、信頼できる先輩や上司もいない、給料も特に良いわけではない会社に3年弱もいた意味がわかりません。

しかし、当時はそれでも辞めるかどうかを散々悩みました。そこで働き続けるのは辛いのに、辞めることにもビビってたのです。
今こうやって思い出しながら書いている今でも胃が痛くなるほどです。

 

退職後はオーストラリアで短期留学


私はビビりですが、自分がやりたいことに対しての行動力はある方だと思います。
大学在学中や会社勤めの長期休暇に、趣味の海外旅行へたくさん行きました。これまで18カ国へ旅行に行きました。

私は退職時に転職先を決めずに辞め、再就職する前に「ずっと行ってみたかったオーストラリアへの短期留学をしてみよう」と決意しました。
目的は英語を勉強したいとかより、「ずっと行ってみたかった」「仕事を辞めた今しかない」「私のロングバケーションだ」という気持ちでした。

そして実際にオーストラリアのゴールドコーストへ1ヶ月半の短期留学へ行きました。
これまでの海外旅行で英語に慣れていたつもりでしたが、思った以上に英語が話せない自分に焦ったりしましたが、とってもとっても楽しく過ごしました。

ちなみに留学エージェントなどは一切通さず全部自分で手配したので費用はかなり安くできたと思います。

【節約術】最安でオーストラリア留学に行く!【全公開】
オーストラリア留学に行きたいけど費用が高い・・・なるべく安く費用を抑えて行きたい・・・私はおそらく可能な限り最安の方法で語学留学へ行ってきました!留学費用を節約したい、少しでも安く留学に行きた...

 

真剣に英語が勉強したくなってセブ留学


本当は1ヶ月半のゴールドコーストでのバケーションを楽しんだあと、日本に帰って真面目に転職活動を始める予定でした。

しかし、ゴールドコーストで出会った日本人が「セブ留学を終えてから来た」という人が多く、
「セブ留学・・・!?」とそれにすごく興味をそそられました。

そして現地で英語を話せない自分の失望していたこともあり、のちにセブ留学に行くことになります。

セブ留学に行くまで3ヶ月ほどあったのですが、就職するわけにも行かないのでバイトしまくりました。
余談ですが、バイトでもすごく良い経験ができたと思っています。
今まで正社員としてお堅く真面目なふりして胃を痛めながら働いていた私にとって、「こんな働き方があるんだな」と思ったりしました。
そこではみんなバイトの立場だったので、友達のようにワイワイ仕事ができてまさに異次元のようでした。

その後バイトを辞め、3ヶ月のセブ留学へ行きました。
オーストラリア短期留学に行った時点から両親からは「何やってんだ」と言われていましたが、この辺りから「本当に何やってんだ」と思われだします。

セブでの生活は私にとってとっても刺激的で、本当に色々経験しました。
フィリピン人と接するのもまさに初めてのことだったので、価値観や文化の違いを身にしみて感じました。

また、セブでは韓国人や台湾人の生徒が多いので友達がたくさんできます。
そして数年経った今でも連絡を取り合う友達ができたり、あのまま日本でいたら絶対できなかっただろう経験や友達ができて、本当に来てよかったと思いました。

そして、そこで「セブ留学後にオーストラリアorカナダにワーホリに行くんだ」という友達とたくさん出会いました。
そこでまた私は「ワーホリ・・・!?」となってしまうのです。

 

オーストラリアへワーホリへ

「ワーホリへ行くぞ」と決意してから準備に取り掛かました。ビビりな私はまだ、現地で英語を使って仕事をすることにものすごく不安を感じていました。
もともと英語力のなかった人が3ヶ月セブで勉強したからととってローカルで仕事ができるほど語学は簡単ではありません。

【語学留学】セブ留学3ヵ月で英語はどれだけ伸びる?【体験談】
私は英語勉強のために3ヶ月、セブ島へ語学留学へ行って来ました!私のもともとの英語のレベルは海外旅行で使うような簡単な英会話がなんとかできるレベル。基礎や単語はある程度知っているので、メールなどの文章でならおおよそは問題ない。...

そこで、”セブ2ヶ月+オーストラリアワーホリ”というプランで考え、セブから直接オーストラリアのメルボルンへ行くことにしました。

2ヶ月のセブを終え、英語も多少自信がついたところでやっとオーストラリアへ。
メルボルンに着いてからはお得意の自力での家探しです。
値段は張りましたが到着してから1週間ホテルを取っていたので、その期間中にシェアハウス探しをしました。

【徹底解説】オーストラリアで初めてのシェアハウス探し!【詐欺に注意を】
オーストラリアでシェアハウスに住みたい!でも初めてで、どうやって探せばいいのかな?オーストラリアにはたくさんの留学生、ワーホリ、仕事で など色んな国から色んな人が来ています。そのほとん...

 

1ヶ月間メルボルンの語学学校へ

オーストラリアの語学学校は以前ゴールドコーストで経験していたし、セブで散々勉強したのでもう学校でわざわざ英語を勉強する意味はないと思っていました。
しかし、初めてのメルボルンに私1人。
なんとか友達を作るために、1ヶ月だけ語学学校に通うことにしたのです。

結果、友達は一応できたのはできましたが、みんなすぐ自国に帰ってしまうし、「高い授業日を払ってまでかな・・・」という感じでした。

幸い、セブで友達になった韓国人の友達が同じくメルボルンにいたので、ほとんどその子と遊んでいました。
しかしその子はすでにこっちで仕事をしていて忙しかったし、それにたくさんの韓国人の友達がいたので、私は「ひとりぽっち」という孤独感は頻繁に感じていました。

これまで留学にはいつも私1人で行っていたので、孤独にはある程度は耐性がありましたが、この頃が人生最大の孤独感を味わっていました。
全部自分で望んでやっていることなのに、「なんでこんなしんどいことわざわざやってるんだろう?」と思うことも・・・。

私はいつもひとりで歩いていました。
すれ違う人全員が羨ましかったです。みんな友達や恋人と一緒にいて幸せそうに見えました。

それでも自分なりにがんばりました。
学校ではなるべく気の合いそうな友達を探す、声を掛けてみる、など。
また、私はそんなタイプではありませんが(明るくない)language exchangeに行ってみたり、語学交換アプリを初めてみたり・・・。
正直に言えば全部うまく行きませんでした。

することがないのでいつもひとりで図書館に言って勉強をしていました。

そして一ヶ月の語学学校が終わり、いよいよ仕事を探さないとという時期になりました。

 

KTVで働くことに

メルボルンで仕事を探し出してから思ったのですが、思ったより求人が少ない!
求人があったとしてもありえないくらいの低賃金だとか、「ワーホリの扱いってこんなものか・・・」と軽く絶望していました。

そこでKTVの求人を見つけ、「そろそろ何か行動しないとやばい!」という気持ちがMAXだったのもあり、勇気を出して面接に行き、なんやかんやでそこで働くことになりました。

【働いてみた】KTVの実態【オーストラリア】
KTVとはカラオケTVの略称で、カラオケとキャバクラの両方合わせよったようなものです。巨大なカラオケルームでお店の女の子達と一緒に歌を歌ったり、お酒を飲んでパーティする場所です。お客さんはどの女の子を付けるかを選ぶことができ、横...

結果的に言えば、KTVで働くのはとっても辛かったです。何度か帰り道でひとりで泣きました。(多分KTVで働く女の子のほとんどは一度は泣いていますw)
でも悪いことばかりではなく、お金は結構貯めれたし、なんと言ってもそこで気の合う友達を見つけられたことが一番大きかったです。

友達は同時期にそこで働き始めた日本人の女の子で、その子もこっちで友達がいないということもあり、話しているうちにとても仲良くなりました。
休みの日はその子と遊んだり、今でも連絡取り合う仲のいい友達のひとりになりました。
友達がいるというだけで本当に気持ちがラクになり、今まで孤独だった心の穴が少し埋まったような気がしました。

 

セカンドビザGETのためにファームへ

セカンドビザはまだ取るか迷っていましたが、「とりあえず取っておいてあとで決断すればいいかな」と思い、ファームへ行くことに。

【ワーホリ】カブルチャーいちごファームはやめておけ【実体験】
オーストラリアでファームジョブをしてみたい!セカンドビザが欲しい!そんな方!まずファームの仕事を探してみると、一番多く出てくるであろうこの”カブルチャー”ネットで検索するとよくない噂ばかりだけど、実際はどうなのか?3ヶ月ちょ...
【オーストラリア】メルボルンのラズベリーファームでパッキングの仕事!【ファーム】
私はカブルチャーのいちごファームで3ヶ月働いたのち、メルボルンに移動してラズベリーのパッキングの仕事を3ヶ月しました!メルボルンのパッキングの仕事は検索してもかなり情報が少なかったので、今回ラズベリーのパッキングのファームジョブにつ...

ファームは初めはつらかったのですが、友達もできるしいい経験になりました。
ファームにもよると思いますが、お金を稼ぐことが目的なら事前サーチや情報収集がかなり大事だと思います。

私はセカンドビザGETが目的だったので、まぁOKでしたがファームでは実際全然稼げませんでした。

 

セカンドビザを取得し現在ワーホリ2年目

そんなこんなでセカンドビザを取得し、今2年目です。
セカンドビザを取った理由として大きいのが、今のパートナーと出会ったことです。
彼はオーストラリアで仕事をしている中華系マレーシア人で長期的にオーストラリアへ滞在しています。

コロナでメルボルンがロックダウンし、できる仕事がなくも無くなった時も彼に支えてもらいました。感謝しかありません・・・。
ちなみにオーストラリアで現在もニートです。今も支えてもらってます・・・。
というか彼がいなかったらとっくに日本に帰っています。
人生は何がどう動くかわかりませんね。

ちなみに私は今ウェブ制作のフリーランスを目指して毎日一生懸命勉強中です。

 


長々と書きましたが今の私に至るまでの経緯を書きました。
少しでも情報の共有になったり、同じような境遇の方は共感していただけたら幸いです。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました